富山空港発着 東京便減便、札幌便運休へ

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.03.23 16:05

 新型コロナウイルス感染拡大にともなう利用の低迷で、来月から富山空港発着の全日空東京便が減便、札幌便は運休することがわかりました。

 減便が決まったのは、午前9時25分羽田発、富山行きの第2便と、午後4時5分富山発、羽田行きの第3便の1往復で、富山行き第2便が来月1日から、富山発の第3便は翌2日から運休し、東京便は1日4往復から3往復になります。

 また、現在1日1往復の札幌便は来月1日に富山行きのみ運航し、翌2日から運休します。運休はいずれも来月28日までですが、全日空はその後の運航について「慎重に判断したい」としています。

 全日空富山支店によりますと、東京便と札幌便の4月1日から30日までの予約者数は、23日時点で前の年と比べ東京便が6割以上、札幌便が7割以上減っていました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース