富山県立大で卒業式 303人が旅立ちの時

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.03.20 18:54

 富山県立大学の卒業式が20日行われました。新型コロナウイルスの感染防止のため、ことしは校歌斉唱を省略するなどの措置がとられました。


「オッケー」

 新型コロナウイルスの感染防止で、県立大は式の出席者を卒業生だけに限定したほか、毎年行う校歌斉唱などを省略して時間短縮を図りました。式の前には、子どもの晴れ姿をせめて写真におさめようとする親の姿がありました。また入り口ではアルコール消毒を徹底し、全員がマスクを着用しました。
 式では卒業生の代表者に下山勲学長から学位記が手渡され、下山学長が「個性や独創性を発揮し、素晴らしい未来を創ってください」とはなむけの言葉を贈りました。これに対し市川可奈子さんが「自分の夢を必ず実現できるよう精一杯努力していきます」と答辞を述べました。県立大の今年度の卒業生は、工学部と大学院あわせて303人です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース