18日夜 男性が液体かけられ救急搬送

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.03.19 11:50

 18日夜、富山市の住宅で、男性が液体のようなものをかけられ病院に運ばれました。男性は命に別条はなく、警察が傷害事件として調べています。

 富山北警察署によりますと、18日午後9時40分ごろ、富山市豊田本町の住宅で「刺激臭がする」と消防などに通報がありました。家には当時、家族3人がいてこのうち22歳の男性が外に出たところ、顔に液体のようなものをかけられたということです。

 男性は頭痛などを訴え、救急車で病院に運ばれましたが命に別条はないということです。

 被害者の友人男性「臭いがすごかったらしくて、ハバネロというかデスソースみたいな臭い。男2人組が逃げて行ったのを目撃した人もいるので。公園があるのだが被害者の家の横に、公園の方に走って抜けていったらしい」

 警察が傷害事件として調べを進めています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース