富山・台北便 来月末まで運休延長

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.03.19 11:50

 富山・台北便を運航するチャイナエアラインは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い今月末までとしていた運休期間を来月末まで延長することがわかりました。

 富山・台北便について、チャイナエアラインは新型コロナウイルスの感染拡大による需要の低下から、当初、今月いっぱい運休するとしていました。しかし感染の終息が見えず、台湾政府が19日から日本への渡航注意情報を最高レベルの3「警告」に引き上げたことなどから、運休期間を来月いっぱいまで延長することを決めました。

 運航再開の見通しについてチャイナエアラインは「感染拡大の状況次第だ」と話しています。県内では来月15日に立山黒部アルペンルートの全線開通などが予定されていて、観光などへの影響は大きいとみられます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース