氷見で花見ぼんぼりの取り付け

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.03.18 15:54

 新型コロナウイルスの感染拡大を懸念して、各地で花見に制限が出ていますが、氷見市のサクラの名所、朝日山公園では18日、ぼんぼりが取り付けられました。

 およそ160本のソメイヨシノが植えられている氷見市の朝日山公園。つぼみも膨らんできています。18日は、市の観光協会青年部などおよそ15人が、高さ2メートルほどの立てぼんぼり64本と、枝から吊り下げるぼんぼり39個を取り付けました。

 公園のソメイヨシノは今月末に開花し、来月上旬に見頃になるとみられます。

 氷見市観光協会青年部 叶祐治青年部長「立山連峰とか、晴れた日とかは見えるんで散策なり出かけるなり気分転換になればと思います」

 氷見市は、公園の花見に対する新型コロナウイルス感染防止への対応は、19日示される国の判断に基づいて決める方針です。

 ぼんぼりは今月28日から来月19日までの午後6時から午後11時まで点灯されます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース