富山港線から今に続く思い

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.03.17 18:44

 富山駅の南北の路面電車がつながるまであと4日です。シリーズ「つながる3.2.1」17日は、かつての富山港線から富山ライトレール、そして今につながる歴史です。この路線にそれぞれの立場で関わってきた男性2人の視点から振り返ります。

「ご乗車ありがとうございます。富山港線岩瀬浜行きです…」

 いまから40年前、当時の国鉄富山港線で車掌を務めながらシンガーソングライターとして活動していた伊藤敏博さんです。

「エントリーナンバー24!」

 この翌年、新人歌手の登竜門といわれた「ポピュラーソングコンテスト」通称「ポプコン」でグランプリを獲得しました。当時は、ファンの女性たちが伊藤さんが乗務する列車を調べて、県の内外から訪れました。

 それから40年、姿をがらりと変えた富山駅の周辺を伊藤さんと歩きました。

 伊藤敏博さん「富山港線のホームは、こう、いまの富山駅って書いてあるでしょ、あれからもっと、左手の方の、一番外れの方にありましたね。もうほとんど面影がないんだけど。忙しかったですよ。ドアの開け閉めしなきゃいけないし、車内放送もしなきゃいけないし、車内で切符もらわなきゃいけないし…。やはり一番都会的なラッシュがあったのはこの富山港線だったんです」

 しかし、1980年代後半から富山港線は利用者の減少が続き、赤字路線となりました。そして北陸新幹線の整備に伴い富山駅を高架化することになった時、富山港線をそのままでは残せないため、廃止の声もあがりました。

 その時、JR西日本の提案を受けて富山市が選択したのは一部のルートを道路上に移し、LRT=次世代型路面電車として存続する道でした。それにより誕生したのが第三セクターの富山ライトレールです。

 当時、市の職員としてライトレールの開業や駅周辺の連続立体交差事業に関わった根塚俊彦さんです。

 根塚俊彦さん「発展していくためにはどうしたらいいかということを考えていった中で、一番人がたくさん集まるところは富山駅だと。その富山駅は在来線で分断された壁になっていた、その壁を取り除けばと」

 事業を進めるうえで後押しになったのは、沿線の住民の理解や支援だったと言います。

 根塚俊彦さん「自分たちも富山港線を大事にして、自分たちのものだ、自分たちが誇れるライトレールだということを、説明会の時から夢見てられたんだと思います」

 2005年に国の認可を受けた連続立体交差事業の負担金を活用するなどしてねん出した58億円の事業費をかけ、ライトレールは2006年4月に開業。この開業と、連続立体交差事業による富山駅の高架化が、南北接続という道を開きました。

 根塚俊彦さん「在来線を上げる特色のない街を作るよりも、路面電車南北で通過させた方が、富山市として本当に今、特色のあるそういう駅づくり街づくりになると、本当に真剣に考えていただいた」

 根塚さんは2007年に 富山ライトレールの2代目社長に就任。

 クリスマスには自らサンタクロースに扮して、ライトレールを盛り上げました。

 先月21日、根塚さんは富山ライトレールと富山地方鉄道の合併に伴う引き継ぎ式、いわば、ライトレールの卒業式に足を運びました。

 根塚俊彦さん「なんか、うるっとくるね」

 国内で初めて、JRの路線をLRT化した富山ライトレール。14年間で2500万人を乗せ会社としての役目を終えました。かつて「お荷物」とまで言われた富山港線の変貌に対し、JR西日本金沢支社の前田支社長は…

 JR西日本 前田洋明金沢支社長「富山のライトレールなどはほんとに素晴らしい成功事例だと思う。まあ、ある意味街のシンボルみたいな位置づけ、存在になっているのではなかろうか」

 根塚俊彦さん「私もこのライトレールを見ますと、なかなか孝行息子だと思います」

 伊藤敏博さん「いやぁ、本当に僕が富山港線の車掌やった頃は何もほぼなかった。今、あのボルファートの向こう側に、国鉄の寮があってそこに住んでてね」

 シンガーソングライターの伊藤敏博さん。新潟県出身の伊藤さんが旧国鉄に入り、20代の頃を過ごしたのが、富山駅北にあった独身寮でした。

 かつて「駅裏」と呼ばれていた富山駅の北側は、40年近くの時を経て富山の新しい顔に。そして、南北接続に合わせて駅北側の路面電車の呼び名は、伊藤さんがかつて車掌をしていた「富山港線」に戻りました。

 伊藤敏博さん「(南北接続を)見届けられて良かったなーっていう、そんな思いで今いるよね」

(電車が来る)「来ましたね。これはまた富山港線という名前になるんだね…しばらく富山港線という名前は消えてましたけど…嬉しいな」

 伊藤敏博さん「本当に夢に向かって走る、このレールになってほしいなと思います。その夢が、本当、定着してね、皆さんにますます愛されるレールになってほしいな」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース