ラーメン店に強盗 売上金を奪って逃走

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.02.14 19:29

 13日夜、高岡市のラーメン店に刃物を持った男が押し入り、店の売上金およそ15万円を奪って逃げました。警察は強盗事件として逃げた男の行方を捜しています。


「強盗事件があったラーメン店です。現在、県警による鑑識活動が続けられています」

 高岡警察署によりますと13日午後9時45分ごろ、高岡市横田本町の「ありがとうラーメン」に包丁のようなものを持った男が押し入り、店員に「お金を出して」などと要求しました。店員がレジの開け方を教えたところ、男は自分でレジを開けて売上金およそ15万円を奪ったほか、店にいた男性客のおよそ6000円が入った財布を奪って自転車で逃げました。当時、店には男性店長と女性アルバイト店員、男性客の3人がいて、けがはありませんでした。

 男は20歳代くらいとみられ、身長は170センチから175センチくらい、黒のジャンパーを着て、黒い帽子とネックウォーマーのようなもので顔を隠し、手袋をしていたということです。警察は強盗事件として、逃げた男の行方を捜しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース