氷見市が訪中延期を決定 新型コロナ感染拡大で

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.02.14 16:00

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、氷見市は来月に予定していた市長らの中国・浙江省への訪問延期を決めました。


 これは14日に開かれた氷見市議会の企画総務委員会で、林正之市長が報告しました。氷見市は、来月26日から28日の日程で、林市長らが浙江省の寧海県を訪れ、友好交流協定を結ぶ予定でした。しかし新型コロナウイルスの感染拡大で、浙江省は感染率が武漢市がある湖北省に次いで高く、外務省は浙江省に滞在歴のある人の入国を制限するとともに、渡航予定者への渡航延期を呼びかけていることなどから、市は訪問延期を決めました。延期の期間について市は「影響が落ち着くまで」としています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース