地震以外の当初予算過去最大更新

この記事をシェア

  • LINE
熊本2020.02.13 19:02

熊本市がまとめた来年度の一般会計当初予算案は、熊本地震の関連予算を除いた総額は3524億円に達し、過去最大の予算規模を更新した。
熊本市がまとめた来年度の一般会計当初予算案は総額で3651億円にのぼる。ここから熊本地震の関連予算を差し引いて過去の当初予算案と比べた場合、来年度の総額は3524億円で、これは過去最大の予算規模を更新した。この予算案を裏付ける歳入をみると、市税が1178億円と、緩やかな景気の回復の影響で前の年度よりも15億円増えた。また借金にあたる市債は、地震からの復旧事業などが進んだことから前の年度に比べて86億円減って453億円となっている。当初予算案は、今月20日に開会する定例市議会に提出される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース