こくんぞさん春の大祭

この記事をシェア

  • LINE
熊本2020.02.13 12:10

「こくんぞさん」の呼び名で親しまれている荒尾市の四山神社で13日に春の大祭が行われている。四山神社には虚空蔵菩薩が、この地に降りたという言い伝えがあり、毎年2月と9月に祭りがある。社務所で5円の福銭をもらって、ご利益があったら次の祭りで倍以上にして返すという習わしがあり、朝から多くの人が、福銭を受け取っていた。参道の露店では、荒尾市の郷土玩具で厄除けのお守りの「はじき猿」や「ピンピン鯛」などが売られ、終日にぎわう

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース