社会

徳島新聞社 阿波踊り実行委員会に参加へ
(徳島県)
4億円を超える累積赤字を抱えている徳島市の阿波踊りについて運営方法の見直しを進めている徳島市は17日、2017年まで主催者の1つだった徳島新聞社に対し新たな実行委員会に加わるよう要請することを決め、徳島新聞社もこれを了承しました。徳島市は17日、阿波踊りの新たな運営体制を検討するためのプロジェクトチームの会合を開きました。徳島市の阿波踊りは2017年まで徳島市観光協会と徳島新聞社が主催してきましたが、累積赤字が4億円余りにのぼるなどしたため、市は新たな実行委員会を立ち上げ開催する方針を打ち出しています。会合では徳島新聞社が累積赤字について法的な責任は無いとしながらも道義的責任を認め市に対し阿波踊りの安定運営のための基金の創設を提案し3億円の寄付を行う考えを示したことについて話し合われました。その結果、徳島市は「徳島新聞社が一定の責任を果たした」として徳島新聞社に対し新たな実行委員会に加わるよう要請すること決めました。このあと徳島市は徳島新聞社に対し実行委員会への参加を要請し徳島新聞社もこれを了承しました。徳島新聞社は「長年にわたり培ってきたノウハウを最大限発揮し、主催者の一員としてしっかり汗をかいていきたい」とのコメントを発表しました。
[ 4/17 19:03 四国放送]