郡山市中心部の浄水場跡地利用で3案提示

この記事をシェア

  • LINE
福島2020.03.25 11:57

郡山市で、利活用が検討されている浄水場の跡地について、市が3つの活用案をまとめたことがわかった。
郡山市の中心部にある豊田浄水場は、2013年に水の供給を停止し、市は9ヘクタールの敷地について去年から有識者を交え、利活用を検討していた。
そして中間とりまとめで3つの案がまとまり、25日午前、市議会の各会派に報告された。
利活用の3案は
■自然を生かした遊びを体験できる施設
■生物を守る広場を設ける
■安積開拓の歴史を体感施設
郡山市は、今後、広く意見を募り、本格的な議論を始める計画。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース