聖火を「復興の火」としてお披露目

この記事をシェア

  • LINE
福島2020.03.24 17:06

24日JR福島駅前でギリシャで採火した「聖火」が「復興の火」として点火された。
聖火リレーで使用される「復興の火」は、復興五輪をアピールするため宮城、岩手、福島と、東日本大震災の被災3県を巡回展示している。
感染症対策として、予定していたステージイベントを中止にするなど、規模を縮小しての開催となった。
「復興の火」は、25日はいわき市アクアマリンパークで展示される予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース