ガレやティファニーなど西洋の工芸品集まる

この記事をシェア

  • LINE
福島2020.03.24 11:40

福島市の県立美術館で始まったのが、「ブダペスト国立工芸美術館名品展 ジャポニスムからアール・ヌーヴォーヘ」。
会場には、ガレやティファニーなど西洋の名高い工芸品、およそ200点が展示され、ほとんどが日本初公開。
また、作品の多くが日本の陶磁器や漆工芸などの装飾を参考に作られているのも特徴。
■見に来た人は
「日本の美しいと思う心が西洋の人にもわかってもらえていて、しかも取り入れてもらえたと知って誇らしく思う」
この企画展は、消毒液の設置など感染症対策を行いながら5月10日まで開かれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース