地元製造のマスク買い上げて子どもたちに

この記事をシェア

  • LINE
福島2020.03.23 13:09

川俣町では新型コロナウイルスの感染を予防するため、子どもたちに、町内で製造されたマスクが配られた。
マスクはは町内の小中学校およそ640人に配られた。
町内に工場がある繊維メーカーの「ミツフジ」が製造したマスクで、感染症予防に役立てようと町が買い上げ、子どもたちに提供した。
マスクは洗濯して繰り返し使え、町はこの春に小学校に入学する新入学児童にも配布する予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース