料理人の卵が恩師に感謝の料理を振る舞い

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.02.15 16:23

この春卒業する小浜市の調理師専門学校の学生たちが、恩師に自慢の料理を振る舞い、感謝の気持ちを伝えた。


小浜市の青池調理師専門学校の学生22人が開いた食事発表会には、小学校から高校時代の恩師が招かれた。

学生たちは、魚介たっぷりのパエリアや、有名料理人・陳健一さん直伝の麻婆豆腐など、2か月前から試作や改良を重ねた自慢の料理を振る舞った。

恩師らは料理を味わうと、教え子と会話を弾ませ、成長を喜んでった。

中学校時代の恩師の一人は「よく頑張って3年間通って、こんな素敵な卒業発表会に招いていただいて、本当に幸せだ」と話していた。

また学生は「料理を作っている時は、いっぱい食べてもらえるか心配だったけど、とてもおいしいと言ってくれたので、とても嬉しい」と笑顔を見せていた。

感謝の気持ちで料理を振る舞った学生たちは、この春からプロの料理人として、それぞれ新たな一歩を踏み出す。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース