救急救命士らが新型コロナ二次感染防止学ぶ

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.02.14 14:59

鯖江市で新型コロナウイルスに感染した疑いのある患者が出た場合に備え、救急救命士らが搬送のポイントを確認した。


新型コロナウイルスへの感染の疑いがある患者を搬送する際の、二次感染防止の方法を学んだのは、鯖江・丹生消防組合の救急救命士ら隊員50人。

救急車の車内に養生テープを張り、ウイルスの飛散を防ぐことや、感染防護服の袖口に手袋を上からかぶせるなど、ウイルスが設備や体に付着しないためのポイントを確認した。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース