福井市の児童が豆腐づくりにチャレンジ

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.02.12 15:12

福井市の児童たちが12日、みそ汁や冷ややっこなどで普段から食べている馴染みの豆腐を手作りし、出来立ての風味は一味違ったようだ。


豆腐を手作りしたのは、福井市の豊小学校の3年生だ。

市内の豆腐店から、豆乳に本にがりを加える際に素早く混ぜるといったポイントを教わった。

中には、うまく固まらない児童もいたが、それぞれが出来たてを味わった。

普段の食卓で、みそ汁や冷ややっこなどにして食べている馴染みの食材だが、手作りの出来立ての風味は一味違ったようだ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース