中国から友好のマスク、愛知・田原市に1万枚、豊川市に5万枚

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.03.26 08:53

 新型コロナウイルスへの対策として、愛知県の田原市と豊川市に対し25日、中国の友好都市からマスクが送られることが分かりました。

 愛知県田原市によると、友好都市を結ぶ中国江蘇省の昆山市から、「新型コロナウイルスの感染防止に役立ててほしい」と使い捨てマスク1万枚を提供する申し出がありました。田原市は現在、約5万枚のマスクを備蓄し必要に応じて医療機関などに配布しており、山下政良市長は、心遣いに感謝し有効に活用するとしています。

 また豊川市は25日、友好都市提携している中国江蘇省の無錫市新呉区から、マスク5万枚が送付されたことを明らかにしました。届いたマスクは、市内の介護施設や医療機関に配布するということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース