名駅前再整備 東口は広場西口はプロジェクションマッピング検討

この記事をシェア

  • LINE
愛知2020.03.25 19:04

 リニア中央新幹線開業に向け検討を進めている名古屋駅前の再整備について、名古屋市は25日、イメージ図を公表しました。

 東口は、現在名駅のシンボルとなっているモニュメント「飛翔(ひしょう)」がある場所を広場にすることなどを検討。西口は、プロジェクションマッピングで名古屋の夜を表現する演出なども考えているということです。

 市は今後も意見を集め反映していきたいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース