新型コロナウイルス「帰国者・接触者相談センター」開設 三重

この記事をシェア

  • LINE
三重2020.02.10 12:16

 三重県は10日、新型コロナウイルスに感染した疑いのある人からの相談に対応するため、「帰国者・接触者相談センター」を県内9か所の保健所に設置し、電話相談を始めました。

 今回の相談の対象者は、発熱や咳などの症状があり、発症から2週間以内に中国・湖北省への渡航歴や、感染が明らかな人との接触歴がある人などで、診療体制の整った医療機関を確実に受診できるようにするということです。

 三重県では、新型コロナウイルスの感染が確認された外国籍の50代の男性患者が肺炎の症状で現在も入院しています。その患者の濃厚接触者として特定された3人の健康観察が今月7日に終了しましたが、いずれも感染は確認されていません。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース