酒蔵開放でしぼりたての新酒に舌鼓

この記事をシェア

  • LINE
秋田2020.02.15 11:17

秋田市の酒造会社で、酒蔵を開放してしぼりたての新酒などを振る舞う、この時期恒例のイベントが開かれました。
髙清水の銘柄で知られる秋田市の秋田酒類製造です。日本酒の醸造がピークを迎えるこの時期に毎年蔵を開放していて、去年は6600人が訪れた大人気のイベントです。中でも特に人気を集めるのは、もろみから絞ったばかりの「しぼりたて新酒」の試飲です。瓶詰前の、まさに蔵出しの新酒に、集った日本酒ファンが舌鼓を打ちました。秋田酒類製造は、イベントを通して酒造りの意気込みが少しでも伝わればと話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース