建設産業 女性の参入促進へ

この記事をシェア

  • LINE
秋田2020.02.13 19:40

県内では建設業に従事する人がおよそ5万人、そのうち女性の割合は10%程度にとどまっています。建設業やそれに伴う産業での女性の参入を促そうというイベントが秋田市で開かれました。
県と秋田県建設産業団体連合会が開いた現場で働く人のための交流会。県内の建設業で活躍する女性を中心におよそ60人が参加しました。全国組織「土木技術者女性の会」の会長が講師を務め、女性の参入を妨げている先入観について紹介しました。講師は先入観があることを認識した上で仕事と私生活のバランス、ワークライフバランスを保ちやすい職場であることが女性の参入に重要だと訴えました。県では現場で働く人の意見を参考にして、女性が働きやすい環境の整備を進めていくことにしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース