「幸運の女神」が県庁でPR

この記事をシェア

  • LINE
秋田2020.02.13 19:38

東京オリンピック・パラリンピックにあわせて販売されているジャンボ宝くじのPRのため、幸運の女神が県庁を訪れました。幸運にあやかろうと、佐竹知事も早速宝くじを購入していました。
佐竹知事のもとを訪れたのは宝くじ「幸運の女神」の近藤綾さんです。現在、販売されているのは1等・前後賞合わせて3億円の東京2020協賛ジャンボ宝くじ。収益金の一部は東京オリンピック・パラリンピックの準備などに役立てられます。幸せを呼び込めるよう常に笑顔を心がけているという幸運の女神、近藤さん。県庁の地下にある売店で宝くじの対面販売も行いました。県内の宝くじ売り場ではここ3年でジャンボ宝くじの1等が2本出ているということです。東京2020協賛ジャンボ宝くじの販売は今月28日までで来月6日に抽せんが行われます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース