ブランドリンゴ「冬恋」試食販売会  岩手・盛岡市

この記事をシェア

  • LINE
岩手2019.12.01 12:06

主に岩手県二戸地域が生産地のブランドリンゴ「冬恋」の試食販売会が1日、盛岡市で開かれている。「冬恋」は、岩手県のオリジナル品種の「はるか」のうち、糖度が15度以上で蜜入りが多いリンゴ。冬恋の半数は二戸地域で生産されていて、販売会は知名度を上げようと二戸地方観光農業推進協議会が盛岡市内の2か所で開いた。このうちカワトクでは、主に贈答用として1箱2.5キロが税込4700円から購入でき、試食した人たちは「冬恋」の際立つ甘さを楽しんでいた。また、10月の台風19号で被害を受けたリンゴの販売コーナーも設けられ、傷がついたサンふじとシナノゴールドがそれぞれ1箱10キロ、税込2700円で販売されている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース