軽ワゴン車と大型トラック衝突男性死亡、死亡事故歯止めかからず

この記事をシェア

  • LINE
岩手2018.12.07 19:36

交通死亡事故に歯止めがかからない。7日は矢巾町で軽ワゴン車を運転していた男性が亡くなった。7日午前10時半頃、矢巾町煙山の町道で、軽ワゴン車が対向車線にはみ出し、前から来た大型トラックと正面衝突した。軽ワゴン車を運転していた盛岡市向中野の店員、高橋重雄さん66歳は頭を強く打ち病院に運ばれたが、約2時間後に死亡が確認された。現場は、片側1車線の左カーブで、当時、路面は雨で濡れていた。県内には交通死亡事故多発警報が発令されているが、今月2日から7日までに5人が交通事故の犠牲となっており、歯止めがかからない。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース