大雪に備え 高速道路と国道で除雪訓練

この記事をシェア

  • LINE
新潟2019.12.03 18:53

 本格的な雪のシーズンを控えて長岡国道事務所と高速道路を管理するネクスコ東日本が12月3日、連携した除雪作業の訓練を行った。

 訓練は、大雪が降りネクスコ東日本が長岡国道事務所に高速道路の除雪の応援を要請した想定で行われた。
 2016年1月、大雪のため国道8号で2日間に渡る大渋滞が発生。
 これを機にネクスコ東日本と長岡国道事務所は除雪作業を支援し合う協定を結んでいる。
 訓練では国道事務所の除雪車両が北陸自動車道や一般道との接続部分に入って除雪の手順を確認した。
 ネクスコ東日本長岡管理事務所の多田明彦所長は「最近の異常気象ともいえる天災、この冬どのような寒波が来るかわからないですけど、道路管理者が協力し合って冬期の安全で円滑な交通の確保を務めてまいりたい」と話した。
 3日はネクスコ東日本の車両が国道8号を走る訓練も行われていて、除雪車両の相互乗り入れに向け準備を進めていた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース