県議会開会 台風19号災害復旧予算など提案

この記事をシェア

  • LINE
新潟2019.12.03 18:51

 12月県議会が3日に開会した。台風19号の災害復旧事業などを盛り込む補正予算案や、県の施設の使用料などを値上げする条例案が提案された。

 3日から始まった12月県議会。
 花角知事は、台風19号の災害復旧事業など総額180億円の補正予算案を提案した。
 花角知事は「住宅に被害を受けた方々の生活再建に向けた支援を行うほか、できる限り来春の作付けが可能となるよう農地等の復旧に全力で取り組んでおり、関連する予算案を今議会に提出した所です」
 この補正予算案では、河川や農地などの復旧費用のほか、被災者の生活再建のため1世帯あたり最大400万円の支援金などが計上された。
 また、県財政を立て直すため『少年自然の家』の使用料や看護専門学校の授業料などの値上げを行う条例案が提案された。
 花角知事は「歳出・歳入両面で努力を重ね、財政運営を持続可能なものにしたい」と訴え、理解を求めた。
 12月県議会は12月20日まで開かれる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース