県に医療福祉関係予算を削減しないよう要望

この記事をシェア

  • LINE
新潟2019.12.03 12:01

 財政悪化にともない予算をゼロベースで見直す方針の新潟県に対し、福祉団体などが2日、医療や福祉に関連した予算を削減しないよう要望した。

 要望書は2日、障害者支援団体やひとり親家族支援団体などの代表が連名で提出した。
 県は財政再建に向け、5年間で最大640億円の収支改革を目標にすべての事業をゼロベースで見直す方針。
 これに対し、要望書は医療費の助成制度など医療や福祉に関連した予算を削減しないよう求めている。
 要望書を提出した視覚障害者の女性は「助成制度のおかげで安心して治療をずっと受け続けていられる。こんなにありがたいことはない。これは守っていただきたい」と訴えた。
 要望書を受けとった新潟県の福祉保健部は「要望を踏まえて予算を検討するよう担当課に伝えたい」と述べた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース