県内冬型の気圧配置強まり海上中心に荒天

この記事をシェア

  • LINE
新潟2018.12.07 13:19

 7日朝の県内は冬型の気圧配置が強まり、海上を中心に荒れた天気となった。8日からは雪となるところがある見込み。

 7日朝の県内は冬型の気圧配置が強まった影響で、海上を中心に強い風が吹いた。
 最大瞬間風速は、佐渡市両津で27.6メートルを観測している。
 風は昼過ぎまで強く吹く見込みで、佐渡では暴風に警戒が必要。
 一方、8日の県内は寒気が流れ込む影響で気温が下がり、山沿いを中心に雪が降る見込み。
 気象台によると、予想される最高気温は5度から8度、最低気温は1度から3度となっている。
 8日朝までに予想される降雪量は、上・中・下越の平野部で最大5センチ、山沿いで最大10センチから15センチとなっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース