新発田市 娘の首をしめた男を殺人未遂で逮捕

この記事をシェア

  • LINE
新潟2018.12.07 13:17

 娘の首をしめ、殺害しようとしたとして、警察は7日、新発田市に住む25歳の会社員の男を殺人未遂の疑いで逮捕した。男は殺意を否認している。

 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、新発田市下興野の会社員・伊藤拓容疑者(25)。
 警察によると、伊藤容疑者は11月下旬ごろ、新発田市内の自宅で当時4歳だった娘の首をしめ、殺害しようとした疑いがもたれている。
 県の児童相談所からの通報を受け、警察が捜査していた。
 女の子はうっ血など、全治2週間のケガを負ったという。
 伊藤容疑者は調べに対して、行為は認めているものの殺意は否認しているという。
 警察が詳しい事件の経緯とともに、日常的に暴行がなかったかなど調べている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース