札幌に出没のヒグマについて議論…札幌市で対策会議

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.10.09 19:14

8月に札幌市南区の住宅街に相次いで出没したクマが駆除されたことを受けて、札幌市が今後の対策を検討する会議を開きました。

札幌市南区ではことし8月にメスのヒグマが11日間にわたって住宅街に出没してその後、山の中で駆除されました。札幌市の対策会議では駆除されたクマがDNA鑑定の結果8年前から周辺で行動していたことが報告されました。専門家からは家庭菜園や公共施設への電気柵設置の普及や札幌周辺のヒグマの行動を予測するための研究が必要との意見が出されました。市ではこれらの意見を来年度以降のヒグマ対策に役立てるということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース