山でクマと遭遇 爪でひっかかれ男性けが 緊迫の一部始終を語る 北海道中札内村

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.07.12 20:44

(クマに襲われた男性)
「戦ったのは1回だけです。斜面から駆け下りてきて爪でひっかき、行ってしっまった」
当時の状況を生々しく語る男性。その手には包帯。クマに襲われてけがをしました。
(クマに襲われた男性)
「やぶの中でガサガサと大きな音がして、クマが顔をのぞかせた」
男性が襲われたのは、北海道中札内村のカムイエクウチカウシ山です。登山に訪れていた男性は、11日午前4時半すぎ山頂付近でクマと遭遇し、爪でひっかかれてけがをしました。男性が笛を吹いたところ、クマは去っていったということです。
(クマに襲われた男性)
「警告したらやぶへ逃げて行った。取っ組み合いになっていたら大変なことになっていたと思う」
道内では今シーズン、クマの目撃が相次いでいます。北海道警察によりますと、4月から7月11日までクマの目撃情報は823件寄せられていて、去年より120件多くなっています。
(クマに襲われた男性)
「本当にこれで済んでよかった。(クマに対し)自分がここにいるということを発信することが大事」
道内は各地でクマによる食害なども報告されています。引き続き、クマの出没に警戒が必要です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース