北海道議会“喫煙所”問題 民主会派も設置求めず

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.07.12 12:49

来年1月に完成する北海道議会の新庁舎への喫煙所設置をめぐる問題で、道議会の第2会派である「民主・道民連合」が設置を求めない方針を固めました。

新しい道議会庁舎への喫煙所の設置について、道議会の第2会派である「民主・道民連合」は当初、設置に前向きでしたが、一転して設置を求めない方針を固めました。反対世論の高まりなどが理由だということです。
(民主・道民連合 笹田 浩幹事長)
「新庁舎にうちの会派は控え室に喫煙所を設けない決定をした。(会派の)議員の皆さんの声を聞いて民主的に決めました」
喫煙所の設置をめぐっては道議会5会派のうち最大会派の「自民党・道民会議」だけが設置の方針を固めています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース