着陸時に炎上を想定 航空自衛隊千歳基地で救出訓練 北海道

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.07.09 18:36

非常事態に備えて手順の確認です。北海道千歳市で、自衛隊の航空機が着陸時に炎上したという想定での訓練が実施されました。

航空自衛隊千歳基地での訓練は、練習機が飛行中にエンジントラブルを起こし滑走路に着陸後、炎上したという想定で実施されました。訓練では、飛行機に模した鉄の塊を実際に炎で囲み乗務員を救出する手順を確認しました。
(航空自衛隊第2航空団 山田樹生空士長)
「同じ状況はないという観点から現場で見定める判断力と、安全迅速確実な活動をこれからも心がけていきたい」
第2航空団では、訓練を通じて非常事態に迅速に対応する技術を継承したいと話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース