菅官房長官 新千歳空港発着枠拡大を指示

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.07.09 12:43

道内への観光客が増加していることをうけて、菅官房長官は新千歳空港の日中の発着枠について拡大にむけた調整を指示したことを明らかにしました。
(菅官房長官)
「具体的な発着回数を含めて、国交省を中心に関係省庁において調整を加速させ、できるだけ早く発着枠を拡大できるよう指示をいたしました」
新千歳空港は、現在日中の1時間当たりの発着枠が42回となっていますが菅官房長官は、9日の会見でこれを早い時期に拡大させる方針を明らかにしました。道内への観光客が増えていることをふまえ鈴木知事が国に発着枠の拡大を要望したことをうけた形です。
(鈴木知事)
「(発着枠を)拡大させていただけたらこんなにありがたいことはない」
新千歳空港の利用者数は2017年度は2309万人と6年連続で増加しています。鈴木知事は東京オリンピックなどをひかえ出来るだけ早く答えをだしてほしいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース