78年ぶりにクマの目撃情報 警戒強まる 北海道江別市

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.06.12 12:32

道立野幌森林公園で、クマやクマのフンの目撃が相次いでいます。78年ぶりのことで、地元では、警戒が強まっています。

道立野幌森林公園では、10日から11日までに、体長1メートルほどのクマやクマのフンの目撃が相次ぎました。江別市によると、敷地内でクマの目撃は78年ぶりだということです。これを受け12日朝、現場近くの小学校では、教員や保護者による見守り登校が実施されました。
(父親は)
「外出とか子どもたちを歩かせるのを控えて家の中にいるようにしたい」
また、美唄市でも、12日朝、コンポストにあった魚の粗や野菜などが荒らされていました。クマと見られる足跡も見つかり、警察は、警戒を呼び掛けています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース