居座り・土下座の松浦札幌市議 懲罰委員会で謝罪「知識不足だった」

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.06.11 17:12

札幌市議会の松浦忠議員が、議長席に居座り議会が空転した問題で懲罰特別委員会が開かれ、松浦議員本人が出席して「ご迷惑をおかけしました」と、改めて謝罪しました。

(札幌市議会 松浦忠議員)
「心から深く反省をし、お詫びを申し上げます」
札幌市議会の懲罰委員会で謝罪した松浦議員。松浦議員は先月の市議会で、新しい議長を決めるための臨時議長に就任した際、突然、立候補制にすべきと主張して議長席に居座り続け、議会が8時間以上、空転しました。松浦議員はその後、議場で土下座して謝罪しています。11日の懲罰委員会では「知識不足だった」との弁明を繰り返し、改めて謝罪しました。懲罰委員会では松浦議員の弁明をうけて17日に処分を決める予定です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース