飲酒運転でタクシーに追突 男に実刑判決 函館地裁

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.04.11 12:32

飲酒運転でタクシーに追突する事故を起こし運転手にけがを負わせた男の裁判で、函館地裁は男に懲役1年の実刑判決を言い渡しました。
判決を受けたのは、函館市の無職・中村豊被告53歳です。中村被告はことし1月、函館市東雲町の路上で飲酒運転のうえタクシーに追突する事故を起こして、運転手の男性に頚椎捻挫のけがをさせたとして道路交通法違反と過失運転致傷の罪に問われていました。きょうの判決で函館地裁は「自宅が近いからと飲酒運転した動機に汲むべきものはなく、過去にも飲酒運転で2度実刑判決を受けている」などとして、中村被告に懲役1年の実刑判決を言い渡しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース