「着服金額およそ7000万」消防協会職員が運営費を流用

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.03.15 19:34

(北海道消防協会・平井勇光会長)「すぐに移動して、このあと打ち合わせがあるので」
記者の質問にこたえず、足早に立ち去るこの男性。北海道消防協会の会長です。この数分前まで開かれていた消防協会の理事会。この場で報告されたのは、職員が運営費を着服していた問題でした。消防協会によりますと、会計業務を担当していた男性職員が、2015年から4年間にわたり、協会の預金口座からおよそ7000万円を着服していたということです。協会の運営費は、消防団員などからの会費や、市町村の負担金などでまかなわれています。さきほど…
(北海道消防協会・平井勇光会長)「多額の資金の流用を防げなかったこと、お詫び申し上げます」
消防協会は、男性職員を刑事告訴するとともに、損害賠償も求める方針です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース