函館の生花販売店 所得隠しで2700万円を脱税

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.03.14 20:36

北海道函館市で生花を販売する会社が3年間でおよそ1億1400万円の所得を隠したとして、札幌国税局から法人税法違反などの疑いで告発されました。
法人税法違反などの疑いで告発されたのは、函館市の花の卸売業「林生花」と、林孝一社長です。札幌国税局によりますと、「林生花」は、売り上げを実際よりも少なく申告することにより、2015年からの3年間におよそ1億1400万円を隠し、法人税およそ2700万円を脱税した疑いが持たれています。「林生花」は、花の卸売業のほか函館市近郊に小売店を3店舗、展開していて、すでに修正申告には応じたとみられています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース