雪下ろし中に転落 男性重体

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.02.11 19:23

また雪下ろし中の事故がおきてしまいました。北海道北見市内できょう午前、住宅の雪下ろしをしていた男性が屋根から転落し、男性は頭を強く打って意識不明の重体です。
転落事故があったのは、北見市朝日町の住宅です。午前9時15分ごろ、雪下ろしを請け負っていた除雪業者の従業員、青山学さん(58)が、屋根にかけたはしごから転落しました。青山さんはヘルメットを着用しておらず、頭を強く打って、意識不明の重体です。警察によりますと、青山さんは同僚と2人で作業していましたが、屋根の雪下ろしを終えて下に降りる途中で、およそ3.5メートルの高さから転落したということです。青山さんは作業中は命綱を着けていたものの、降りる際には命綱を外していたとみられています。道内では雪下ろし中の事故が相次いでいて、警察で注意を呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース