“史上最強の寒気”で凍える寒さ

この記事をシェア

  • LINE
北海道2019.02.08 13:34

「史上最強の寒気」がやってきました。札幌の上空の気温が観測史上の最低を更新し、地上でも午前11時で氷点下11℃以下と、きょうの札幌は記録的な寒さとなっています。
けさ札幌管区気象台が測定した上空1500メートル付近の気温は、観測史上最も低い氷点下24.4℃。史上最強の寒気の到来です。この寒気の影響で、午前11時の札幌の気温は氷点下11.7℃を観測。きょういっぱい氷点下10℃以下だと、40年ぶりの寒さとなります。さっぽろ雪まつりが開かれている大通公園には、きょうも大勢の観光客が訪れていますが、この寒さに…。
(静岡からの観光客)「ダウンのベストの上にダウンを着た。ここまで寒いと思っていなかった」
(兵庫からの観光客)「(北海道)ナメてたかな」
道内は、あすの朝が寒さのピークとなる予想ですが、今後1週間は、平年より気温が低い日が続くとみられ、引き続き水道管の凍結や車のバッテリーのトラブルに注意が必要です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース