中東情勢悪化で家計にも影響の可能性

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.01.08 19:25

イラクにあるアメリカ軍が駐留する基地に弾道ミサイルが撃ち込まれた。中東情勢の悪化は私たちの家計に影響もでる可能性がある。アメリカの国防総省によると日本時間の8日午前7時半ごろ、アメリカ軍が駐留するイラク西部と北部の空軍基地、少なくとも2か所が弾道ミサイルによる攻撃を受けた。少なくとも12発が着弾したということで、「これらのミサイルがイランから発射されたのは明白だ」としている。悪化を辿る中東情勢…私たちには、どのような影響があるのか?県によると旅行会社などに確認した所、県内からのイラン、イラクへのツアー客はいないという。中東にはアラブ首長国連邦など計3社の県内企業が進出しているが今後、県は必要に応じて安全確認をする方針。また、経済の専門家は中東情勢の悪化で今後さらなる原油の高騰が懸念され、家計にも影響がでる可能性があるという。こうした中、浜松商工会議所の新年祝賀交歓会が行われた。製造など輸出業の多いこの地域企業のトップは今回の中東情勢をどう捉えているのか。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース