今シーズン一番の寒さ 初霜を観測

この記事をシェア

  • LINE
静岡2019.11.30 13:56

上空に強い寒気が入った影響で11月30日朝の県内は今シーズン一番の冷え込みとなり、静岡市では初霜が観測された。静岡地方気象台によると、朝の最低気温は静岡市の井川で氷点下2.4度、御殿場で氷点下1.8度など平年を2度から5度下回り、12月中旬から1月中旬並みとなった。県内に18ある観測地点のうち14地点で今シーズンの最低を記録し、静岡市駿河区では平年より2日遅く、昨シーズンより21日早い初霜を観測した。日中は高気圧に覆われて晴れるが、最高気温は、平年に比べ3度から4度ほど低いと予想されている。なお、この寒さは12月1日以降はやわらぐ見込みだという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース