難波副知事 リニア予定地近くの沢を視察

この記事をシェア

  • LINE
静岡2019.11.29 19:46

難波副知事は11月28日、リニア中央新幹線のトンネル工事により水が枯れる心配のある大井川上流部を視察した。難波副知事はトンネルの本体工事によって水が枯れる恐れがある上流部の沢などをJR東海の宇野護副社長や国交省の担当者らと視察した。往復で5時間以上に及んだ今回の視察では、トンネル本体工事の予定地の近くを流れる沢の状況やJR東海が沢の水量などを監視するモニタリングカメラの設置予定地を確認した。視察を終えた難波副知事は「宇野副社長が一緒に歩いて現場を見てくれたのは大きい。沢が危機的だという認識は共有できた」と話した。沢が枯れた場合、希少な動植物の生態系にも影響を及ぼす可能性が指摘されていて、県はカメラで流量を監視するなど環境保全対策を検討する方針。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース