米作り等に理解を 作文やポスターを表彰

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.01.07 13:50

県内の小中学生が米作りやごはん食について書いた作文や、稲の栽培記録コンクールの表彰式が行われた。

松山市のJA愛媛で行われた表彰式には、入賞した児童・生徒とその保護者らが出席し、1人1人に賞状とメダルが贈られた。

このコンクールは、子供たちに米作りを身近に感じてもらうと共にごはん食に興味をもってもらおうとJA愛媛中央会が毎年行っている。今年は、作文部門に1097点、ポスター部門に1354点の応募があり、それぞれ18点が入賞した。

また、バケツを使って米作りを行い栽培の過程を記録する部門には198点の応募があり、5点が入賞した。

入賞作品のうち、作文とポスターのそれぞれ1点は、全国優秀賞にも選ばれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース