無病息災願い「お水取り」 新居浜

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.01.07 10:16

新居浜市で今年一年の無病息災を願う伝統行事「お水取り」が行われた。

午前6時、小雨が降る中、新居浜市若水町の「つづら淵」には地元住民およそ60人が集まった。「お水取り」は、つづら淵から出ている湧水を地域の年男、年女が柄杓で汲んで神社に奉納し、無病息災や地域の繁栄を願う伝統行事で、その湧水は環境省の「平成の名水百選」に選ばれている。

若水自治会によると1200年以上前からどんなに日照りが続いても、湧水が枯れたことがないと言い伝えられているという。

「お水取り」の後、地元の小学生らに、つづら淵の湧水で炊かれた七草粥が振舞われた。小学生らは七草粥で体を温め、今年一年の無病息災を願っていた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース