シロクマ「ピース」20歳に とべ動物園

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.12.02 11:20

とべ動物園で生まれ人工哺育で育てられたメスのホッキョクグマ「ピース」が、2日20歳になった。

とべ動物園では、1日ピースの誕生会が開かれ県内外からおよそ400人のファンが詰めかけた。ピースは1999年12月2日に、とべ動物園で生まれたが母親が子育てをしなかったため国内初の人工哺育で育てられた。そして2日、人でいうと40歳から60歳ほどになる20歳の誕生日を迎えた。

滋賀県から訪れた女性は「いろんなことを乗り越えて無事20歳の誕生日を迎え、ピースとキーパーの高市さんにおめでとうの気持ちでいっぱい」と話していた。

とべ動物園によると、ピースは人工哺育で育ったホッキョクグマの生存日数の記録を更新し続けているという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース