119番の日前に 園児らが避難訓練

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.11.08 12:14

9日の「119番の日」を前に、松山市の認定こども園では火事を想定した避難訓練が行われた。

松山市の勝愛学園認定こども園で行われた避難訓練は、管理人室と調理室から火が出たという想定で行われた。訓練に参加した園児およそ610人は職員の誘導に従い、「押さない、走らない、しゃべらない」の3点に注意しながら運動場へ避難した。

勝愛学園では、11月9日の「119番の日」に合わせて毎年、避難訓練を行っていて、8日は職員による消火訓練も行われた。

職員は、風向きに気をつけながら低い姿勢で消火するなど消火器の使い方を確認し、万が一に備えていた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース